がま口店長*うるワクinfo

ARTICLE PAGE

幸せのおすそわけ


毎週水曜日の晩、近くの小学校で、ボランティアでストレッチ体操を教えてくれているグループに参加させてもらってます。
『ムリせず行けるときにやれるだけ』
これが先生のポリシー。

腹筋、背筋、側近筋、スクワット運動を号令をかけながら平気でこなす先生は、母と同じ年の昭和12年生まれ。
いつも私のことを気にかけてくれる優しい先生は何となく母と似てます。

先日、卵巣がんの手術をするとのことで体操は少しの間お休みでした。
無事に終わり、抗がん剤治療はされてましたがまた、元気な姿で体操復帰してくれました。

今日、『これ、お祝いやねん。』と、お菓子の袋をくれました。
??なんやろ、、、

術後、久しぶりの検査結果の日で不安で不安でしかたなかったそうです。
それがいい結果で、嬉しくて嬉しくて、みんなに買ってしまってん!と。

その瞬間、フラッシュバックのように、
私の母も月1回の検査結果に一喜一憂してて、良い結果のときは、父と3人で帰りにケーキセット食べたりしてたのを思い出しました。
不安が大きいと、よけいに嬉しいんです。ほんとに嬉しいんです。
だから先生の気持ちが痛いほど伝わってきて涙が出ました。

先生は『お母さんのこと、思い出したの?』と。そして、
『私は心配かけたらあかんと思って娘に話せなかったことたくさんあるわ』って言うんです。

・・・もしかして私の母も?
いつもメールでは『がんばります!』と返信来てた。
ほんとは不安でいっぱい言いたいことあったんかなあ…
私に言えなかったこと、いっぱい抱えてたんかな。

親と子供、
互いを思い合うために言えないこと、知らなかったこと、実はたくさんあるんだろうな。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment